K.N

仕事内容

カーオーディオ・カーナビゲーションのソフトウェア開発。
カーナビゲーションはコンシュマーのカーナビゲーションの開発のみならず、業務用カーナビゲーションの開発も手がけ、さらには、次世代カーナビゲーションとなりうるソフトウェアの研究/開発にも携わっています。

先輩インタビュー

K.N
先輩インタビュー

―― 現在の仕事内容を教えてください。

国内自動車メーカー向けのカーオーディオ開発チームで、グループマネージャーを務めています。リソースの配分を決めたり、グループとして今後どんな仕事をとって行くかという戦略を練ったり、営業担当に同行し企業に出向いたりもします。

―― どんな企業に訪問することが多いのですか?

将来的には自動車の自動運転、『ADAS(自動車の先進運転支援システム)』に関わって行きたいと考えていて、そういった業務をお任せいただけそうな企業様にうかがったりしています。

―― ずっと今の部署で仕事をなさっているんですか?

現在のチームは、所属して10年経ちました。その前はケータイ基地局のシミュレーター開発にメンバーとして携わっていました。最初は、カーオーディオの開発チームにPLとして加入しまして、そこからキャリアアップを重ねて今に至ったような流れです。

―― 入社前のイメージ通りといった感じでしょうか?

学生の頃は、実のところ就職浪人するつもりでいました。「まぁ1社くらい受験しておくか」という気持ちで偶然受けたのがゼネテックで、そのまま入社したので、イメージできてはいなかったですね(笑)

―― えっ!?記念受験のような感覚ですか!?

いや、記念受験と言うか、確か『新宿』×『システム系企業』で検索をかけて、偶然一番最初に出てきたのがゼネテックだったんです。
でも、トントン拍子で面接が進んで、あっという間に内定をいただいたので、そのまま入社と言った感じです(笑)

―― システム系の仕事がしたい、という希望自体はあったんですね。

そうですね。大学でC言語を学んでいたので、「プログラムを書く仕事がしたい」と考えていました。
もともと何かしら作るのが好きというのが基盤にあったので、開発中から実際の動きが分かる組込系の開発は、私に合っているんです。結果としては良かったと思っています。

忙しいときでも、メンバーに声をかけられたら
「ちょっと待ってて」とは言いたくない

先輩インタビュー

―― 偶然の流れ(?)で入社して、ここまで仕事を続けて来られた背景は何だと思いますか?

「会社の居心地の良さ」でしょうかね。現場で手を動かしていた頃、「こういうことがやりたい」という希望を上司がちゃんと聞いてくれて、ある程度やりたいことをやらせてもらえた、というのが大きかったです。

―― K.Nさんご自身が“上司”の立場になった現在、気をつけていることはありますか?

話しかけやすい雰囲気作りを意識しています。忙しいときでも、メンバーに声をかけられたら、「ちょっと待って」とは言いません。自分の仕事の手を止めて、ちゃんと話を聞くように心がけていますね。
個人的にメンバーとミーティングの機会を設けたり、月に1度は飲み会を開いたりもします。元気がないメンバーには自分から声をかけるようにもしています。

―― メンバーのキャリア形成という面ではいかがでしょう?

毎週2回、グループマネージャーのミーティングがあるのですが、そこでメンバーの担当業務相談会を行っています。
「うちの●●君が、そっちの業務を担当したがってるんだけどどうだろうか」と相談し合うんです。なので、やりたいことがある人は、その願いを叶えられる環境だと思います。

明確な意志を持って入社してくれれば、
そのキャリアを全力でサポートする体制があります

先輩インタビュー

―― グループマネージャーとしての喜びを教えてください。

メンバーを信頼して仕事を任せた結果、その期待に応えてもらえたときが嬉しいですね。任せる時は、必ずリーダーとしての役割を話し、理解してもらった上で送り出すようにしています。

―― どんな人がリーダーに選ばれるのでしょうか?

「質問に対する回答がきちんとできる人」です。リーダーに求められるのは、技術力よりもコミュニケーション能力だと考えています。

―― 新入社員の方にメッセージをお願いします。

流れで入社した私が言うのもなんですが、明確な意志を持って入って来てくれるといいなと思います。車、テレビ、プリンター、電力会社に向けたインフラなど、当社が請け負っている業務内容は多岐に渡るので、「自分は●●の分野でがんばりたい」という希望を持っていれば、そのキャリアをサポートすることができます。もしも最初の配属が違っても、ゼネテックの場合は、その後柔軟に対応する体制があります。
プログラミングスキルがなくても、やる気がある人を歓迎しますよ!

休日の過ごし方

休日の過ごし方

間も無く4歳を迎える娘と遊んでいるか、買い物に出かけているかのどちらかです。子どもと遊んでいるときが一番リラックスしますね。サッカーが好きなので、試合を観戦することもあります。ワールドカップ観戦は欠かしません!

人生グラフ

  • 人生グラフ

    1994年4月
    某工業大学のシステム工学部へ入学。大学の講義にて、プログラムを学び、ソフトウェア開発の仕事に携わろうと考えてました。

  • 人生グラフ

    1999年4月
    まずは面接を経験しようと飛び込んだゼネテックから内定をもらい入社。研修時の成果発表で簡単なリズムゲームを作成し最優秀賞をいただく。良好な滑り出しを切った感がありました。

  • 人生グラフ

    1999年6月
    組み込みソフトの開発部門に配属され、携帯電話の基地局シミュレータの開発に携わる。最優秀賞はもらったものの、現場はそう簡単にいかず、四苦八苦しながら猛烈に仕事に取り組んでいました。

  • 人生グラフ

    2001年6月
    基地局の開発に携わりました。1人だけのプロジェクトで、半年間程名古屋で作業していました。色んな意味で楽しい半年間でした(笑)

  • 人生グラフ

    2004年1月
    カーオーディオの開発にて、始めてPLとして作業しました。この業務以降、現在までカーオーディオ関連の開発業務に携わっています。この当時はとても忙しく、徹夜や土日出勤が多い時期でしたが、自分が関わったものが製品になるということで、モチベーションが高く、稼働が高いことは苦になりませんでした。満点をつけたいと思います!

  • 人生グラフ

    2004年10月
    仕事に忙殺されながら結婚へ。初めて親元を離れ、嫁とマンションで暮らし始める。公私ともに充実の日々というやつです!

  • 人生グラフ

    2005年4月
    主任に昇格。この当時携わっていた業務は途中で開発中止になってしまいましたが、初めて全体の設計を任された業務で、とても良い経験になりました。

  • 人生グラフ

    2006年4月
    係長に昇格。コンパイラの不具合を発見し対応。顧客からとても喜んでいただけて、改めて仕事のやりがいを感じた瞬間でした。

  • 人生グラフ

    2008年1月
    課長代理に昇格。この年に始まったプロジェクトが現在も続いています。

  • 人生グラフ

    2010年4月
    課長に昇格。昇格はしましたが、日々プロジェクトに集中して取り組む以外、大きな事件はなかったかと思います!

  • 人生グラフ

    2011年9月
    長女が誕生。2012年2月~4月まで、大変忙しく、徹夜や深夜残業が多くなり、一時期子供がなつかなくなってしまった。ただ、それもこれも、長女の存在があればこその話。トータルで見れば満点の日々。

  • 人生グラフ

    2013年7月
    組み込みソフトのグループマネージャー(部長職)過去の出来事に満点をつけすぎて、上下のない日々に見えるかもしれませんが、言ってみれば満点120%OVERをイメージしてください。現在も、長期で関わっているプロジェクトと育児・家族サービスで、公私ともに順風満帆な日々を過ごしています!