メッセージ

取締役常務執行役員 システム本部長 八戸 雅利

取締役 システム本部長 八戸 雅利

当社の設立から30年以上経ち、その間組込の世界も大きく変化してきました。今後30年もまた同様に、おそらく大きな変化が待ち受けているでしょう。そんな次代を見据えた“意欲あるエンジニア”を、私たちは常に求め、募ってきました。

エンジニアとしての経験が浅い人も歓迎したいと思っています。ただ、その分“開発のプロセス”をしっかりと理解していて欲しいです。プロジェクトの多くはチームワークで進めることになるので、各プロセス1つ1つにレビューや報告が出てきます。それらをキチンと理解する力は必要不可欠と言えます。他にも、欲を言えば、常に新しいことを吸収する意欲も持っていてほしいですね(笑)

展示会

“ゼネテック”の社名の由来は“General Engineering & high Technology”から。これまで、組込系の開発においては、その名に負けないだけの実績を積み、業界のパイオニアとして時代を駆け抜けてくることができたと自負しています。
新しく入社してくるメンバーには、今後も変わらず、卓越した技術を駆使し、組込系開発のパイオニアとして世の中にソリューションを提供していくことのできるよう、頑張ってもらいたいと思っています。

ゼネテックの強み・ポジション

  • ゼネテックのポジション

    私たちは、そんな組込み系の開発において、業界のパイオニアとして、組込み系のソフト開発に力を入れ、成長と発展を続けてきました。その結果、取引先には大手家電メーカーをはじめとする日本有数の企業が名を連ねています。

  • 当社の強み

    当社の強み

    当社の大きな強みは、ハードウェア部門を社内に抱え、ソフトとハードの連携を社内で確認しながら開発を行える点にあります。

    組込み系の開発は、ハードウェアに直接組込み、制御するソフト。ハードウェアの特性を理解し、ハードウェアを制御できなければ、ソフト開発はできません。当社のソフト開発では、ハードウェア部門とソフトウェア部門が相互に連携し、知恵を出し合いながら開発を行うことができるため、エンジニアは互いのノウハウを共有しながらスキルを磨いていくことができます。これは、他にはない強みだと私たちは考えています。

    そしてこの強みが、お客様に高品質なサービス提供を可能にし、会社の継続的な成長、発展、そしてエンジニアの満足にもつながっています。

  • プロダクトの開発段階に参加する機会

    こうした社内体制やノウハウの蓄積は、プロダクトの企画段階から参加する機会も創出し、クライアントへの総合的な提案を可能にしています。
    仕様を決める上流工程から参加し、個人のアイデアをクライアントに直接発信することができるという点では、他社では味わえない醍醐味がある、エンジニアにとってより良い環境であると、私たちは考えています。